妊娠中には脱毛はできない?

■妊娠中には脱毛はできないのか

 

光脱毛やレーザー脱毛といった施術は、子宮や胎児に対して悪い影響を与えるものではありません。しかし、ほとんどのエステティックサロンや脱毛サロンにおいては、妊娠中の施術は断られています。

 

ではなぜ脱毛は、子宮や胎児に悪い影響を与えるわけではないにもかかわらず、断られてしまうのでしょうか?

 

その理由としては、脱毛は選ぶ方法にもよりますが、多少なりとも痛みが伴います。そのため、痛みによって陣痛が誘発されたり、痛みによる刺激やストレスが母体に良くない影響を与える可能性があるのです。そのため、胎児や母胎に対しては、万が一のトラブルに対応できないので断られているようです。

 

妊娠中は、急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいといったように、本人にも予期することができない体調の変化が急に訪れる場合もあります。

 

このような理由から、妊娠初期であっても不安定な身体の変化の可能性もあり、安全のために断られています。しかし、妊娠中期からは、マタニティエステは受けることができるようになっているサロンもあります。

 

 

■脱毛スケジュール

 

多くのエステティックサロンや脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛施術は断られています。

 

そのため、サロンを選ぶ時には、施術の予約は1ヶ月か2ヶ月ごとで取るようになっているサロンがほとんどのようです。そのため、1年間6回コースなどの契約の場合には、妊娠による休会や延長が可能かどうかということは、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

 

サロンによっては、休会期間が決められていたり、休会手続きに手数料を取られる場合もありますので、内容もチェックしておく必要があります。

 

 

■妊娠中はうぶ毛が濃くなる

 

妊娠中は産毛が濃くなる、シミが浮き出てくる、さらには妊娠線が浮き出てきたりといったように、女性ホルモンの影響によって、様々に肌が変化します。

 

特に妊娠中には、乳首とお腹周りのうぶ毛は濃くなることが多いようです。

 

しかし、妊娠中に濃くなったうぶ毛は、産後はに自然に抜ける人が大半となっています。そのため、剃刀や毛抜きなどで抜くことはやめた方がよいでしょう。
元々うぶ毛は、剃ったり、抜いたりを繰り返すことによって濃くなるのです。

妊娠中は脱毛はできないの?関連エントリー

脱毛はいつから始めるべき?
エピレの脱毛キャンペーンの口コミを徹底紹介するサイト!お得なキャンペーンの実態!
脱毛エステは痛くないの?
エピレの脱毛キャンペーンの口コミを徹底紹介するサイト!お得なキャンペーンの実態!
高級サロンの脱毛と勧誘について
エピレの脱毛キャンペーンの口コミを徹底紹介するサイト!お得なキャンペーンの実態!